暮らしの役立つ生活トリビア

2019/01/04
Pix ポット丸ごと洗浄

冬に活用するポットを手早くキレイに洗浄する方法とは?

寒い季節にほっこり身体を温めてくれるホットティーなどを飲みたい時に活躍してくれる電気ポットや電気ケトル。ボタン1つで手軽にお湯を沸かせることから、毎日使っていますという方も多いのではないでしょうか。

使用頻度が高いキッチンツールは知らぬ間に汚れが溜まっていくもの。健康に害がないとはいえ、毎日使うものが汚れているのは、なんとなく気分が良いものではありませんよね。

今回のコラムでは、ポット内部の白い汚れやサビ汚れをすっきり洗浄してくれる『Pix ポット丸ごと洗浄 クエン酸洗浄剤』をご紹介します。

電気ポットや電気ケトルの中が汚れる原因は?

電気ポットや電気ケトルの使用用途は水を入れて沸騰させるだけですが、気がついたら中に白い斑点汚れがあったという経験を持つ人も多いはず。電気ポットの場合は保温機能が付いていますが、どちらも基本的には水しか使いません。つまり、この水が汚れの原因というわけです。 まずは電気ポットや電気ケトルの汚れについてまとめてみました。

■ 水に含まれる不純物

電気ポットや電気ケトルで最も多い汚れといえば白や茶色の斑点のような汚れ。見た目は白カビのように見えますが、これは水道水の中に含まれるミネラル分です。水が沸騰する際にポット底の金属部分が熱くなるため、白や茶色の斑点のような汚れが出ます。人体に害はありませんが、放置したままにするとお湯の味に影響が出る可能性があります。

■ 緑や茶などのサビ汚れ

ポットの内側に茶色や緑の汚れが付いている場合は、ポット内部のステンレスに傷がつくなどしてサビが出ている可能性があります。サビそのものは健康に影響を与えることはないと言われていますが、衛生的にはよくありませんので発見したらしっかり落としましょう。

電気ポットや電気ケトルを沸かした際、お湯が出にくくなったと感じた場合、ミネラルの結晶がポット内部で詰まっているかもしれません。毎日気持ちよく使うためにも、1ヶ月に1度を目安に掃除をすることをおすすめします。

電気ケトルでトライ! 実際にポット内部を洗浄してみました

しばらく放置されていた電気ケトルの内部を見ると、予想通り白い斑点がポットの底に……。1度の洗浄でどれほどの効果が期待できるのか『Pix ポット丸ごと洗浄 クエン酸洗浄剤』で実際に使ってみました。

ライオンケミカル の『Pix ポット丸ごと洗浄 クエン酸洗浄剤』は、30gの小包装タイプが4つ入り。1回ずつ使い分けられるので、とても便利です。

 

チャレンジするのはこちらの電気ケトル。さっそく内部に溜まった汚れを洗浄してみることに。まずはケトルの満水目盛りまで水を入れます。


『Pix ポット丸ごと洗浄 クエン酸洗浄剤』を1包入れます。使用する際はゴム手袋を着用してくださいね。


電源プラグを接続し、お湯を沸かしたら2〜3時間放置します。間違えて飲まれないよう、付属の『洗浄中(飲まないでください)』シールを貼っておきましょう。


電源プラグを外してお湯を捨て、電気ケトルの内部を4〜5回しっかり水洗いをして終了です。


ケトルの底にこびり付いていた白い斑点汚れが見事に解消。新品のようなつるつるピカピカになりました。

新しい年になると新しいモノに買い替えようと考える人も多いかと思いますが、毎日愛用している電気ポットやケトルの汚れはきちんと落とせば、見違えるほどキレイになります。家事をしている間にサッと終わらせることができますので、ぜひこの機会に電気ポットや電気ケトルの内部を見直してみてはいかがでしょうか。