Trivia For Life暮らしに役立つ生活トリビア

ちょっとしたアウトドアで大活躍するコンパクトな虫よけグッズとは?

梅雨もようやく明け、今年も本格的な夏がやってきました。
庭でのプール遊びや夜の花火など、夏の楽しい風物詩を満喫したいところですが、
そんな中でも手を抜けないのが、虫への対策。

今回は今の時期にピッタリな虫よけアイテムをご紹介します。

人間も蚊も暑さは苦手?

この季節、熱射病にならないよう、比較的涼しい午前中などに外出やガーデニングをされる方が多いと思いますが、実は蚊も人間同様暑さが苦手の様子。
所説ありますが、猛暑と呼ばれるような日は、蚊も日陰の涼しい場所に身を潜め、気温が下がる頃(午前中や夕方以降)になってから活発な吸血活動を行うそうです。

涼しい時間帯は短時間ながら蚊との遭遇の確率が非常に高くなります。
そんな時こそ、虫よけの定番アイテム『かとり線香』の出番です。
130年以上前から虫よけ商品を世に送り出してきたライオンケミカルでは、『かとり線香』のバリエーションが豊富にあります。
その中で『短時間』『屋外作業』などに最も適しているのが人気商品『プチかとり太巻+吊り下げ線香皿セット』です。
では、その魅力を掘り下げていきましょう。

『プチかとり太巻+吊り下げ線香皿セット』の3大ポイント

ポイント① 使い切るのにちょうどいいプチタイプ

『プチかとり太巻』はその名の通り直径6cmほどの小さなかとり線香。レギュラータイプの線香は約7.5時間効果が持続しますが、『プチ(以下略)』は半分以下の約3時間。午前中のガーデニングや夜の花火など、ちょっとしたアウトドアのお供にピッタリというわけです。

ポイント② 小さくても蚊をしっかり駆除!

蚊を殺虫するピレスロイド系の有効成分『dl・d-T80-アレスリン』を配合。線香の火がついている1センチ程手前の部分から、熱で気化された有効成分が揮散され、近寄ってくる蚊を撃退します。

ポイント③ 置いても吊り下げても使える2WAYタイプの線香皿

同梱されている直径9㎝ほどの線香皿は、安定した場所に置いて使うのはもちろん、付属の吊り下げ器具を使うことで、腰のベルトループなど引っ掛けられるところに吊り下げての使用も可能。

コンパクトサイズなので身につけてもほとんど重さが気にならず、作業の邪魔になりません。
これにより庭や山林を移動しながらでも、常に身の回りに有効成分が揮散。どこにいても蚊から身を守ることができるのです。

使用方法はとてもシンプル。
『プチ』は、2つの渦巻状の線香が合わさった状態でパッケージに入っているので、線香の中心部(渦巻の中心の穴のあるところ)を上下に持ち、軽く動かしながら外してください。
※無理に外そうとすると折れる恐れがあるのでゆっくり優しく外しましょう。

外した線香に火をつける際は先端を下に向けると火がつきやすいです。

火がついたことを確認してから受け皿の中心部に線香を置き、上フタをかぶせます。
吊り下げて使用する場合は、吊り下げ器具で線香皿を挟み込むようにセットすれば、中の線香がしっかり固定されるという仕組みです。

『プチかとり太巻』の香りは4種類!

『プチかとり太巻+吊り下げ線香皿セット』に入っている線香は10巻分。

使い終わったあとは『プチ』の単品商品で補充しましょう。

ノーマルの『プチ』は10巻入・30巻入の2タイプ。今年の春には『ローズの香り』の10巻入・30巻入が新登場しました。

また、『ローズの香り』に加え、『リーフの香り』、天然素材100%の『昔ながらの天然除虫菊プチかとり太巻』の3種類が入った『プチかとり太巻アソートパック30巻』も人気商品の一つ。

虫よけしながら、お好みや気分に応じて香りも楽しむことができるのです。

それではここで『開発担当者からの一言』です。

「プチかとり太巻は約3時間しっかりと役目を果たし、燃え尽きます。私もプチかとり太巻のように太く短い人生をおくって燃え尽きたいものです。」

と、言っていますが、開発担当ならびに開発チームには新商品のアイディアがまだまだたくさんあるので、

全員太く長~い人生をおくり、皆さんの暮らしをより豊かにする商品を次々と送り出す予定です。

次はどんな商品でしょうか…? どうぞご期待ください!

  • facebookで記事をシェアする
  • twitterで記事をシェアする

記事をシェアしてみてな〜‼︎

過去の記事
一覧へ戻る
新しい記事

アーカイブarchive

Official account
公式アカウント紹介