暮らしの役立つ生活トリビア

2019/06/01
アルコール除菌スプレー

3つの新アイテムでペットとの暮らしをより豊かに


皆様のお宅にペットはいらっしゃいますか?
定番の犬、猫、うさぎ、ハムスターに加え、最近はカワウソやハリネズミなどにも人気が集まり、ペット人口は年々増加傾向にあります。
一昔前、ペットは主に屋外で暮らし、犬は犬小屋で番犬、猫はネズミの駆除など、それぞれの役割を与えられていました。ところが近年、核家族化や少子化などの影響から、ペットの住まいは屋外から屋内に変化。
ペットを愛すべき伴侶として、ひとつ屋根の下で共に人生を歩むスタイルが主流になってきました。

ペットと屋内で暮らすと、避けて通れないのが、臭いと衛生面の問題。
今回はそんな問題を解消するペット用の新商品3アイテムをご紹介いたします。

ペットの臭いの原因とは?

そもそもペットはなぜ臭うのでしょうか。今回は犬と猫に焦点を絞って探っていきましょう。

●体臭

犬は人間同様、汗を出す汗腺が2種類あります。1つは『エクリン腺』から出る、運動後などで体温調節をするために流れ出る汗です。
この汗は人間の場合、全身から出るのですが、犬は鼻と足裏の肉球からしか分泌されないため、それほど臭うものではありません。問題はもう1つの『アポクリン腺』から出る汗です。
こちらは人間の場合、体のごく一部からしか分泌されないのですが、犬は全身から出てきます。
この汗は時間の経過とともに酸化し、人間の足の臭いの原因物質と同じ『イソ吉草酸』となって独特の体臭を放つのです。
続いて猫ですが、実は猫はもともと狩猟動物のためほとんど体臭はありません。では何が臭いの原因かというと…。

●排泄物臭

犬の排泄物も当然臭いはきついのですが、それ以上に猫の排泄物は臭いのレベルが群を抜いています。その理由は尿のアンモニア発生量です。猫の尿にはアンモニアが凝縮されており、尿を細菌が分解した時に発生するアンモニアの量は犬の20倍以上といわれています。
また猫は『スプレー』と呼ばれるマーキング行為を本能的に行います。
なわばりにしたい空間などに尿をかけるのですが、これがいつもより更に濃いアンモニア臭を放つため、洗ってもなかなか臭いを消すことができません。
そしてペットたちは、まれに排泄物を身体に付着させたまま移動することがあるため、室内のトイレ以外の場所にポトリと落ちているのを発見して、ぎょっとされた方も多いと思います。
こうなってくると衛生面についてもしっかりとした対策が必要です。

そこでおすすめなのが、ライオンケミカルが今年の春にリリースした3種類のペット用アイテムです。

『ペットのいる部屋』シリーズは、こんなに便利!

① ペット特有の臭いをしっかり消臭!『ペットのいる部屋の消臭ビーズ』

まず1つ目は、『消臭ビーズ』。前回のコラムでは、虫よけ効果を兼ね備えた『虫よけビーズ』を紹介しましたが、今回の『消臭ビーズ』はペット用に成分を配合。
臭いに敏感なペットに配慮した無香料タイプで、植物系の消臭成分が室内にこもったペットのニオイをしっかり消臭します。
種類はコンパクトな320g、大容量の1800g、つめかえ用の600gの3タイプ。
ビーズは無色透明で非常にきれいなので、お部屋のインテリアとしても楽しめます。
※誤ってペットが食べたりしないよう、注意して設置・保管するようお願いします。

② 24時間抗菌持続で除菌率99.99%!『ペットのいる部屋の除菌・消臭』スプレー

臭いをおさえたら次は衛生面の問題です。優れた除菌・消臭効果をもつ『ペットのいる部屋の除菌・消臭』で、室内のペットの動線や臭いが気になる場所にスプレーを吹き付けましょう。
※スプレー後はよく乾かしましょう。フローリングなど布製品以外のものにスプレーした時はふき取ってください。また使用できないものについては、こちらをご覧ください。

スプレーの成分は100%天然由来。抗菌成分が配合されたグレープフルーツ種子エキスと、高い消臭効果をもつ柿エキスが、室内に潜伏する細菌の繁殖をしっかり抑えるのです。
※全ての菌に効果があるわけではありません。
400mL入りのスプレー本体とつめかえ用をラインナップしています。

③ ペットもさわやかにリフレッシュ!『自然の恵み浴用剤 ペットのハーブ浴』

室内がスッキリしたら今度はペットたちもスッキリさせてあげましょう。
6種類の乾燥素材が入った『自然の恵み浴用剤 ペットのハーブ浴』で沐浴タイムです。
細かく刻んだ6種類のハーブが詰まったティーバッグ式の袋をぬるま湯に入れれば、独特な香りが漂う薄黄色のハーブ湯ができあがります。
※ペットをお湯に入れる際には浴用剤を取り出してください。

化学的なものを使用していない天然成分100%だから、安心してペットをお風呂に入れてあげられます。更に、浴用剤の袋を煮出せば、ハーブの独特の香りや成分をより濃く出すことができるのでおすすめです。

商品は10包入りと1包入りの2タイプ。ちなみに6種類の乾燥素材はこちら↓です。

■ チンピ
ミカン科ウンシュウミカンの果皮を乾燥させたもの。
■ センキュウ
セリ科の植物で、根茎の部分を湯通しした後に乾燥させたものです。
■ ウイキョウ
フェンネルとも言われる、セリ科ウイキョウ属の多年草。果実を乾燥させたものを用います。
■ サンシシ
クチナシの果実を乾燥させたもの。
■ カミツレ
カモミールの和名で、心身をリラックスさせてくれるハーブとして知られています。
■ ゲットウ
お茶としても飲用されるショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。

ここで開発者からのメッセージです。
「動物の臭いにはそれぞれ意味があります。大昔、人間が野生にいたころは、動物の臭いは敵を知るうえで大切なものでしたから、それを嫌うというのは当然のこと。
それを含めて生き物ですが、ペットとして飼育するうえで、臭いは必要のないものです。
長く飼育している飼い主の方は、臭いに慣れて気にされない方も多いと思いますが、訪問されたお客様の中には「臭いが気になった」という方が実は結構いらっしゃると思います。
一度この商品を試してみてはいかがですか? 既に本品を試して頂いた方々からの評判は上々ですよ!」

いかがでしょうか。白と黄緑色のさわやかなパッケージが印象的な『ペットのいる部屋』シリーズは、皆様のペットライフを更に充実したものにできると思います。
商品は各店舗でもお求め頂けますが、直販のライケミOnline Shopで注文して頂くと様々な特典がプラスされるのでお得です。ぜひこちらもチェックしてくださいね!