暮らしの役立つ生活トリビア

2019/05/01
消臭ビーズ

1つで3つの効果を兼ね備えた高パフォーマンスな虫よけ商品とは?

元号が『平成』から『令和』へと移り変わった2019年5月。
毎日『初夏』と呼ぶにふさわしい陽気が続いていますが、これだけ気温が高くなると、いよいよ本格的な虫よけ対策が必要になってきます。

前回は蚊・ヤブ蚊に効果を発揮する『プレミアム ライオンかとりせんこう 太巻30巻入』を紹介しましたが、今回は蚊と同じくらい生活空間に出没するユスリカとチョウバエを忌避する商品をご紹介しましょう。

※このあと、虫のイラスト画像があります。虫嫌いの方はご注意ください。

ユスリカ、チョウバエってどんな虫?

先ずはユスリカとチョウバエについて簡単に知っておきましょう。

ユスリカは、皆さんが日常でよく見かける、蚊にそっくりな不快害虫。
日本だけでも約2000種以上が確認されており、主に川や用水路などで発生して、人間の生活空間に出没します。
(夕暮れ時、群れで飛行して『蚊柱』を作る虫の代表格がこのユスリカです。)
『カ』という名前でありながら実は吸血能力を持っていないため、特に人間に危害を加える虫ではありませんが、死骸の一部を誤って吸入すると、喘息などのアレルギー反応を起こすこともあります。

チョウバエは、ハートをひっくり返したような羽の形が特徴的な不快害虫。
台所や浴室、トイレの排水周りで生息し、壁やガラス窓にとまる習性があります。
こちらも人間に対し直接的な害はありませんが、ユスリカと同様に大量発生することがあり、細菌を運んでくる恐れもあるので侮れません。

そんな、日常で遭遇する確率の高い不快害虫をよせつけないよう、開発されたのがライオンケミカルの『虫よけビーズ』です。

『虫よけビーズ』の3大効果

効果① 虫よけ……ハーブの力で虫をよせつけない!

香りの強い植物・ハーブは、料理や薬草など様々な用途に用いられます。
一部のハーブには虫を忌避する効果もあるため、ライオンケミカルは強い香りを放つ『レモンユーカリ』の有効成分を透明なビーズに浸透させました。
屋内に『虫よけビーズ』を置くだけで、ユスリカ・チョウバエをよせつけない快適な虫よけ空間を生み出すことができるのです。
また、殺虫剤を使用していないので、むやみに殺虫剤を使用できない飲食店などで安心してお使いいただけるのもポイントです。

効果② 芳香……2種類のさわやかな香りが楽しめる

『虫よけビーズ』は、ハーブの有効成分のみを抽出しているため、レモンユーカリ自体の香りはしません。
そのかわりに2種類の香料を使用し、ミント(水色)、森林(黄緑色)どちらかのさわやかな香りを楽しんでいただけるように調合しています。

効果③ 消臭……ビーズがイヤな臭いをしっかり吸収!

ライオンケミカルの消臭ビーズは、全て和歌山県内の工場で製造している安心の国産品。
優れた消臭効果をもっており、『デカ玉』『メガ玉』など大きさや色もバリエーション豊富なのが特徴です。
『虫よけビーズ』には、直径1cmほどの透明ビーズと5mmほどのカラービーズ(水色=ミントと、黄緑色=森林の2種類)が入っており、パッケージのシュリンクを全て外すと、消臭しながら綺麗に輝くビーズを視覚で楽しむこともできるのです。
※パッケージのシュリンクには、使用上の注意などが記載されています。シュリンクを外した際は、捨てたりせずに使い終わるまで必ず保管してください。

では、使用方法を説明しましょう。


先ず、キャップを本体から外します。中身が飛び散らないよう注意しながら、中のフィルムをはがしてください。キャップを再び本体にセットすればOKです。

設置場所は玄関、室内などお好きなところにどうぞ。
※お子さんの手が届かない安定した場所がおすすめです。

ただし、置いてはいけない場所があります。直射日光が当たる場所や、極端に寒くなる場所、エアコンなどの風が直接当たる場所などです。いずれも正常に効果を発揮できなかったり、使用期間が短くなる恐れがあるので置かないでください。

『虫よけビーズ』は、90日用に加え、2019年の春に260日用(大容量タイプ)を新たにラインナップ。皆様の生活空間を長期間しっかりガードいたします。

最後に開発担当者からのメッセージです。
「ユスリカとチョウバエは、以前は『害虫』ではなく、ただの『虫』でした。しかし、生活環境の変化から日本全体で衛生面に対する意識も高まり、彼らはただの『虫』から『不快害虫』へと変化しました。
ユスリカとチョウバエが、いかに人体に対して直接の害がないにしても、ただ飛んでいるだけでストレスを感じる方もいらっしゃいます。来客時などに彼らが飛んでいないよう、ライオンケミカルの虫よけ商品で対策をしておきましょう。」