暮らしの役立つ生活トリビア

2018/11/01
パイプクリーナー

目に見えない場所だからこそ衛生面に気を付けたい、強力密着洗浄で排水口・排水パイプの汚れをスッキリ

台所なら調理中に出るゴミや食べ残し、
お風呂場なら抜け毛やシャンプー・リンスの残り成分、
洗面所なら手や顔を洗った後の石鹸残りカス、

目に見える汚れやゴミなら掃除もしやすいものですが、排水口や排水パイプの汚れやつまりは目視だけでは分かりません。水を流す際に「水が抜けにくいな? 」「排水口周りが黒ずんでいるかな? 」と、ちょっとした変化から汚れやヌメリに気付くことが多いのではないでしょうか。

生活に密着している場所だからこそ知っておきたい汚れの原因について解説するとともに、こびり付いた汚れ・ヌメリに効果が期待できる排水パイプ用洗浄剤『Pix 超粘度ジェルタイプ パイプクリーナー』をご紹介します。

なぜ排水口や排水パイプが汚れるの?

通常の台所、お風呂、洗面所にはゴミが排水パイプに流れないよう排水口がストッパーの役割を果たしていますが、全ての異物を取り除くことはできません。汚れが少しずつ時間をかけてこびり付き、排水パイプに付着することでつまり・ヌメリ・悪臭が発生します。

この汚れが本格的に溜まると以下のような状態になりますので、1つでも該当するものがあれば排水口と排水パイプの掃除をぜひ実行してください。

  • 水はけが悪くなる
  • 排水パイプが詰まる
  • 排水口から逆流して水が溢れる
  • 排水パイプの内部から悪臭がする

しつこい汚れは超粘度ジェルでスッキリ!除菌もできる排水口洗浄剤を使ってみた

排水口・排水パイプの汚れや悪臭をスッキリ解消してくれる『Pix 超粘度ジェルタイプ パイプクリーナー』の使用方法とは?実際に使って確認してみました。

※酸性タイプや排水口用のヌメリ取り剤などの製品、食酢、アルコール等と混ざると有害なガスが発生して大変危険ですので、必ず単独で使用するようにしましょう。


まずは排水口付近の掃除から。目皿のゴミをキレイに取り除いていきます。使用できる場所は台所・浴室・洗面所の排水口及び排水パイプ。トイレのつまりは使用できませんのでご注意を!


『Pix 超粘度ジェルタイプ パイプクリーナー』の液を直接ボトルから排水口・排水パイプに注ぎます。注ぐ際はキャップで軽量をせず、汚れの度合いによってプッシュ数で調整してください。以下は目安です。

つまりの予防・ニオイの消臭:7〜8プッシュ
ヌメリの除去:7〜8プッシュ
つまりの解消:ボトルの約3分の1(20プッシュ程度)

成分は水酸化ナトリウム(2%)、次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)。アルカリ性の液体です。皮膚に触れたり目に入ると危険な成分ですので、使用後はキャップをしっかり閉めて、子どもなどの手が届かず直射日光の当たらない涼しい場所に保管しておきましょう。


パイプクリーナーを注ぎ終わったら15〜30分放置します。ブラシやたわしを使う必要もなく、シンプルに放置するだけでOK。ジェル状の液が汚れにピッタリ密着し、しっかりとはがしていきます。ただし、放置時間が長すぎると液で溶けた汚れが固まって排水パイプがつまってしまう恐れがありますので、長すぎる放置にも気を付けましょう。

時間になったら水で洗い流します。インターネット上では「熱湯で流したほうが良い」などの情報が出回っているようですが、熱湯を使うと塩素の成分が急激に分解し、有害なガスが発生する恐れがあります。必ず「水道水」で流してください。

万が一、手に付着した場合は、すぐに流水でヌメリ感がなくなるまで洗い流してください。異常が残る場合は皮ふ科医の診察を受けてください。

 

排水口・排水パイプの汚れは放置したままにしておくと不衛生です。快適な生活をキープするためにも、定期的に掃除をしてクリーンな水まわりを目指してみてはいかがでしょうか。