ライオンケミカル株式会社

企業情報company

経営理念・品質方針、会社概要、歴史・沿革、工場・拠点アクセスマップなどはこちらからご確認ください。

経営理念

1. 私どもは日用必需品工業を通じ
人々の生活向上に努め社会に貢献する

1. 私どもは常に高品質高能率を追求し
会社の発展に努める

1. 私どもは会社の発展を通じて
私共の幸福と生活向上に努める

品質方針

安全で継続的に信頼できる商品作りをする

会社概要

名称 ライオンケミカル株式会社
創業 明治18年4月
創立 昭和14年4月
資本金 1億円
従業員 180名(平成30年8月)
本社(和歌山工場) 和歌山県有田市辻堂1番地1
TEL.(0737)82-3211
事業内容 医薬部外品(殺虫剤・入浴剤)
化粧品(浴用剤)
芳香・消臭剤
洗浄剤
その他日用品の製造販売

歴史・沿革

1885年(明治18年)除虫菊の花を乾燥し粉末にしたのみとり粉を製造販売したのが創業です。
除虫菊を原料とする棒状のかとりせんこう、渦巻かとりせんこうと移り変り、1943年(昭和18年)弊社が世界初の蚊取線香自動製造機を発明した事により大量生産が可能となり、現状のプレス型渦巻かとりせんこうが世界の家庭で感染症予防商品として広く使用されております。
引続き、家庭用殺虫剤、家庭用品工業を通じ人々の生活向上に努め社会に貢献して参ります。

1885(明治18年) 個人創業 山彦製粉工場設立
1918(大正7年) 山彦除虫菊株式会社創立(資本金50万円)
(山彦製粉工場を法人組織とする)
1919(大正8年) 大正除虫菊株式会社創立(資本金50万)
1928(昭和3年) 山彦株式会社星尾分工場開設
1939(昭和14年) 大同除虫菊株式会社創立(資本金100万円)
山彦除虫菊株式会社と大正除虫菊株式会社合併設立
1943(昭和18年) 蚊取線香自動製造機発明(特許 161010 号)
1946(昭和21年) 農林大臣賞を受賞
1955(昭和30年) 蚊取線香自動製造機の発明により発明賞を受賞
1960(昭和35年) 紫綬褒章を受賞
1962(昭和37年) 社名をライオンかとり株式会社に改称
株式を大阪証券取引所第二部へ上場
(昭和50年証券取引法の改正により上場を廃止)
1963(昭和38年) 優良工場として労働大臣賞を受賞
1966(昭和41年) 本店を大阪市へ移転
1972(昭和47年) 資本増資2億円となる
1973(昭和48年) ライオン株式会社(当時ライオン歯磨)と業務提携
1975(昭和50年) ライオン株式会社との間に国内販売委譲契約を締結
1987(昭和62年) 健康促進優良事業場として厚生大臣表影を受賞
1991(平成3年) ジョンソン株式会社の子会社となる
(ライオン株式会社は当社株式をジョンソン株式会社へ譲渡)
1992(平成4年) 本店を大阪市より和歌山県有田市へ移転
ジョンソン社製品の本格生産開始
1995(平成7年) 創業100周年。社名をジョンソンケミカル株式会社に改称
1999(平成11年) 親社の再変更
ジョンソン株式会社は保有していた株式全株を、株式会社三和へ売却
2001(平成13年5月) 社名変更
ジョンソンケミカル株式会社より、ライオンケミカル株式会社に変更
2004(平成16年4月) 大阪営業所開設
2015(平成27年4月) 創業130周年

拠点一覧

本社工場

和歌山県有田市辻堂1番地1
お車でお越しの方
阪和自動車道「有田IC」から距離約5km
電車でお越しの方
JR紀勢本線「箕島駅」よりタクシーで10分

小倉工場

和歌山県和歌山市小倉25
お車でお越しの方
阪和自動車道「和歌山IC」から距離約6km
電車でお越しの方
「紀伊小倉駅」から徒歩約10分

上中島物流センター

和歌山県有田郡有田川町上中島212
お車でお越しの方
阪和自動車道「有田IC」から距離約2km

大阪営業所

大阪府吹田市江坂町1丁目14番地33
TCSビル4階

東京営業所

東京都台東区東上野4-2-3
上野パークビル8階

九州営業所

福岡市東区多の津1丁目14-1
FRCビル722号室

PDFダウンロード